むかし、むかし、天と地がはじめて分かれたとき、
イザナギノミコトさまとイザナミノミコトさまというふたりの神さまがおりました。
ふしぎな力のある「あめのぬぼこ」をふたりの神さまが力を合わせて、コロコロとかき回すと、
ぬぼこからしたたりおちた塩がつもりにつもって、オノコロ島ができました。
ふたりはこの島におりて結婚し、大きな島国を作りました。